集中力

読書感想文

【55歳の読書感想文】築山節)『フリーズする脳』

顔は分かるがタレントの名前が出てこない。 こんなことは日常茶飯事である。このような現象だけではないが僕のような日常茶飯事にある物忘れ症状をこの本ではフリーズする脳と例えている。 この本は「ボケ初期症状に焦点を当てて、原因と対処法を検討していく」本とある。著者は脳神経外科専門医。難しい専門用語が極めて少なく一般人の読み手を非常に意識されて書かれた本であることが良く分かる。
読書感想文

【55歳の読書感想文】齋藤孝)天才の読み方 究極の元気術

天才とは、具体的な工夫を組み重ね自分のスタイルを作り上げ、必死に取り組んできた人とある。天才といえども、何もせず成し遂げる人はいない。懸命に取り組ん上の結果「天才」と呼ばれるようになった。
日常感想文

【55歳のHowTo】テレワーク 自分の居場所を探す

パソコンの前に座ってはいるが仕事が手につかない。 特に考える必要のある仕事の時が多い。 只々パソコンの前に座り、ネットサーフィンをする時間だけが過ぎる。