管理者プロフィール

『人生100年時代』折り返しの50歳、これからの人生、どう感じ生きていくのか。

管理者プロフィール

のしろいくろー
生まれ年:1965年生まれ
家族:妻と子3人家族
仕事:2003年独立し現在に至る。
不動産・建築系調査会社|コンサルティング|ライディング

このブログの発端

読書ノートがこのブログの発端です。読んだ本を記録する。そして本は読んでアウトプットできてこそ大きな価値となると考えている。本を読んでどのように活用できるのか、いろいろと思考錯誤をしてきた。システム手帳に書いてみたり、専用のノートを作ってみたりと、、、、しかしどうにもしっくりこず自分のものとすることができなかった。
そして、今回始めたのがブログを利用した読書ノート。ブログはネット環境があれば過去の記録を場所を選ばず閲覧でき、簡単に見直すことができると考えたからである。
しかし、読書ノートだけでは勿体ないと考え、日々の感じたことを書きとめることを加えた。

僕のブログ履歴

僕のブログ履歴は2005年から。この当時は掲示板が全盛でブログはこれからという時代であった。TwitterやFacebook・InstagramなどのSNSはもちろんない。芸能人ブログで有名なアメブロもまだなくライブドアにてはじめて開設する人が多くいた時代。
僕の場合、会社用のブログとして開設してきた。個人としては「がん体験ブログ」以来の個人ブログになる。
また、ブログを続ける難しさも良く知っている。開設当初は記事をあげるモチベーションは高いが、徐々にそのモチベーションは下がる。そしていずれは放置状態になるという経験を何度もしている。

ー大腸がんが体験ブログー
大腸がん感想文

なぜ今ブログなのか?

TwitterやFacebook・Instagram、そして動画投稿がさかんな時代に、なぜブログなのか。SNSや動画に対して僕は特に否定的な感情はない。どれも個人の発信ツールとしては優れ利用するべきであると考えている。その一つにブログが存在していると思っている。

お役立ちとしてのネット利用時代

現在ネット検索の多くは「分からないこと」「興味のあること」がメインになった。Google検索も「役立つ内容」を重要サイトとしている。これは現代の流れであるゆえ仕方のないことかもしれない。
しかし、見方を変えると目的が達成されればサイトから離脱し再度訪問されることは少ない。ページビュー回数だけを集めるだけであればそれで良いと思うが、印象のないサイトとして終わることは間違いない。

今更ブログ!?

今はヤフーを始めネット記事が溢れかえっている。それゆえ個人の発信する場としてブログはまだまだ存在し続けると考えている。
しかし、ブログは記事を書く作業が大きな手間になる。これが長く続けていく上でネックになり難しい点でもある。だか、自分の言葉で文章を書く、そして自分の思考を残す上では良いツールであると考える。現在のブログはYouTubeのようなファンをつくることは難しいかもしれないが、自分の感受性を残す意味では現代においては最高のツールであると考える。

このブログの目的

人生100年時代の今、50代は折り返し地点にあたる。これからの人生において日々の感じたことを書きとめる。これにより、これからの人生への糧を見つけることが大きな目的となった。
ブログを開設した上ではアクセス数が気になるが、自分のための記録として考えていこうと思っている。そして全世代のためのブログではなく、僕と同じ世代に向けて少しでも参考になれば嬉しい。


50年の経験を経て「これからの人生に何を感じ・何を見つけ、そして何を示していけるのか」あなたと一緒に考えていければ最高である。