【50歳から始める映画感想文】『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』を観て

【50歳から始める映画感想文】『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』を観て映画感想文

監督:松居大悟
出演者:田口トモロヲ|松重豊|光石研|遠藤憲一|濱田岳|役所広司|他大勢
公開日:2021年4月9日

『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』感想文

2021年4月13日イオンシネマレイクタウンで「バイプレイヤーズ」を観た。
今回は6ミタ特典、無料券で鑑賞。
観覧状況は、平日の11時50分開演、ソーシャルディスタンス、席はガラガラ。
人気映画で混雑していると、周りの人が気になることがあるが、それがない。
ゆったりと映画鑑賞ができる。

【50歳から始める映画感想文】『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』を観て

『バイプレイヤーズ』初めての鑑賞

僕はこの作品、ドラマの映画化であることは全く知らなかった。
日比谷駅に「バイプレイヤーズ」のポスターが貼ってあり、それを観てこの映画を観るきっかけになった。
「普段脇役の人たちが、主演となってつくる映画」
このコンセプトに興味が沸き「観たい」と感じた映画になる。

『バイプレイヤーズ』いいコンセプトだけど、、

ストーリーの中心は田口トモロヲ|松重豊|光石研|遠藤憲一さんたちだけど、メインキャストは浜田岳くんだね。
浜田岳くんは僕の中では、常に主演のイメージはないけど、脇役のイメージもない。
金八先生、釣りバカ、軍師官兵衛など、どれも個性が強く上手な役者さんのイメージがある。
この映画でも個性が際立っていた。
また、役所広司さんがプロローグとエンディングにちょっこと出演しているが、存在感が凄い。
「100人の名脇役」大勢の名脇役で作るコンセプトはいいが、逆に出演者が多すぎるのかもしれない。
ごちゃごちゃした印象が残り、名脇役たちの役者さんの印象が弱い。
そのため、役所広司さんや浜田岳くんの個性が光ってしまい、「脇役達」という映画では無くなってしまっているように感じた。

製作者の狙い!?

しかし、製作者としてはそれが狙いなのかしれない。
脇役は主役やストーリーを支えること。そしてその苦労がある。
このように考えると、この映画の印象も変わってくる。

サラッと観れる。そして僕の世代には観てほしい。

全体的にドタバタし、ストーリーの深みもないが、サラッと楽しめる映画であった。
全てが撮影スタジオ内でのストーリーのため、シネマ・ドラマづくりの現場がのぞけるような映画でもあった。

僕と同世代や先輩たちの役者さんたちが、現役で頑張っている姿。
そして、いくつになっても一生懸命に取り組む姿に感銘を受けるし「そうでなくはらない」と感じさせてくれます。
まぁ、そんなに難しく考える映画ではないけど、、、、
「まだまだ、僕も頑張らないと」と感じさせてくれます。

映画感想文エンタメ感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント