【50歳から始める読書感想文】|小説|昭和元禄 落語心中

【50歳から始める読書感想文】|小説|昭和元禄 落語心中読書感想文

著者:東 芙美子|原作)雲田はるこ
発行日:2018年10月
発行所:講談社

|小説|昭和元禄 落語心中』読書感想文

この物語を知ったのは岡田将生くん主演NHKのドラマ。
再放送でたまたま観て、ハマってしまった作品。
原作はマンガであるが、この小説はNHKドラマの脚本を小説にしたもの。

|小説|昭和元禄 落語心中(出典:NHKホームページ)

写真:NHKホームページ「ドラマ昭和元禄落語心中」より出典

寄席での落語視聴は一度だけ。

僕が落語を寄席で聞いたのは一度だけ。
2016年か17年、妻と一緒に行った、三遊亭小遊三さんの独演会。
これだけである。
前座から始まるんだけど、落語の話術が全然違うのが素人でもよくわかる。
演目は全く知らない。しかし、小遊三さんの話を聞くうちに、頭の中で自然と情景がイメージ化される、凄さがある。そして、大笑いさせられる。
これが真打、ベテランの技術なんだろう。
「落語って、面白いんだ」と感じたのもこの時から。

なぜ、ストーリーを描くのに落語だったのだろうか?

「落語心中」では昭和戦前から戦時中、そして戦後。
2人の若き落語家を中心とした、恋愛、人間関係のヒューマンドラマになる。
落語の世界がなんとなく分かり、ヒューマンドラマとしても面白い。

原作の雲田はるこ氏は、なぜこのストーリーを描くのに落語としたのだろうか、、、と考えてしまう。
人間関係やラブストーリーを描くにあたり落語でなくても良いだろう。
おそらく、作者としては落語でなくてはいけない理由があったに違いない。
 
落語には、人間関係、夫婦、恋愛、様々な演目がある。
落語を中心として、ストーリーも落語の演目のように描きたかったのかもしれない。
たしかに男女関係のもつれ、それにまつわるストーリーは落語の演目のようでもある。
それゆえ、落語を聞くように、この原作を読むと更に面白くなるのかもしれない。
 
「昭和元禄落語心中」
僕の大好きな一冊となった。

2021年4月5日ジャーナル

あっという間に桜の季節も終わった。昨年同様に感動の薄い桜の季節であったように思う。
季節感が普通に感じられる日が早く戻ることを願う。

 

 

読書感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント