【50歳から始める人生感想文】銀ぶらと美登利寿司

【50歳から始める人生感想文】銀ぶらと美登利寿司日常感想文

妻と銀ぶら

僕が学生の時、新橋のバイト先で妻と出会った。それゆえ若い頃は新橋から銀座に流れ、2人でよく行った場所でもある。
結婚後子どもから生まれてからは、近場のショッピングモールに変わった。
それ以来、その習慣は変わらず、妻とのお出掛けはショッピングモールがお決まりとなっている。
久しぶりの妻との銀ぶらとなった。

懐かし感もどる銀座

緊急事態宣言下ではあるが、銀座は賑わっていた。
医療に従事している方には申し訳ないが、深く神経質になるよりいいのかもしれない。
 
久しぶりの銀座、何となく懐かしさもあった。
懐かしさは妻との銀座ではなく、雰囲気にある。
いつからか、銀座は東アジア系の観光客に占拠されていた
島国日本として育ってきて年代の僕は外国人にあまり慣れない。
それゆえ、コロナ禍前の銀座はとっても違和感を覚えていた。
久しぶりの銀座、馴染みのある銀座に戻っていたような気がした。
 
近い将来、観光客の入国が開始されれば、あっという間にコロナ禍前の銀座に戻るのだろう。
しかし、それはそれで良い。

美登利寿司銀座店

美登利寿司は2回目になる。
前回は昨年、赤坂店。
その時は、娘の昼休み時間であった。
 
銀座美登利寿司は僕が30代の頃から気になっていたお店であった。
その頃から、多くの人が店の前を列をなしていた。
昔からほんと人気の寿司店である。
 
その理由は価格は安いが体裁の良いお寿司が食べられることにある違いない。
僕もそう感じているから行く。
低価格であるが「おいしい」と感じるマグロを食べることができる。
僕にはこれが魅力。

ランチメニューとグランドメニュー

赤坂で食した時はランチメニューの1800円
今回はグランドメニューの特上1600円
ランチが200円高いが、寿司の印象はグランドメニュー特上と大差ない。
手巻きと海苔巻きの違いになる。
ランチはサラダとデザートがセットになっているゆえ200円お高いのだろう。

【50歳から始める人生感想文】銀ぶらと美登利寿司

赤坂ランチメニュー1800円

【50歳から始める人生感想文】銀ぶらと美登利寿司

銀座グランドメニュー特上1600円

寿司の満足度には変わりがない。
見た目はランチメニューよりグランドメニューが上に見える。
今回は光物も別に注文(アジ、イワシ、サバ)

美登利寿司はほんと人気店だね。
お客さんがきれることがなく、次々と入店する。
僕がネット順番待ち予約をした時は24番目。
店の前で長い時間、待つ必要がない。
便利な時代である。

 

おいしかった。
満足です。
次回は「マグロづくし」にしたいと思う。

日常感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント