【55歳の買い物感想文】U-miss)シャワーヘッド

【55歳の買い物感想文】お風呂、シャワーヘッド交換買い物感想文

シャワーヘッドを交換

シャワーヘッドを交換した。理由は「ジャパネットたかた」でシャワーヘッドの商品を宣伝していたからである。

「ジャパネットたかた」のシャワーヘッド広告のどこが魅力的であったのか。

節水

「ジャパネットたかた」の宣伝は分かりやすい。シャワーヘッドを交換するメリットに増圧もあるが、節水は大きいと思う。これを上手に表現をしていた。2つの四角の箱にシャワーの水流を比較し「これだけ、水量が違う」と節水を訴える。これは大きな訴求力ある。僕もこれを観てシャワーヘッドを交換しようと考えてしまった。

しかし「ジャパネットたかた」のシャワーヘッドはお高いのでAmazonで探すことにした。

U-miss)シャワーヘッド

同じような節水型のシャワーヘッドがたくさんある。
どれも2500円前後。
僕はタイムセール中の商品を選んだ。
それがこれ(U-miss)シャワーヘッド

【55歳の買い物感想文】U-miss)シャワーヘッド

シャワーヘッドと目地テープのセット。
我が家の浴室は旧INAXのためアダプター無しで交換でるようだ。

取り付けは簡単であった。

【55歳の買い物感想文】お風呂、シャワーヘッド交換
旧シャワーヘッドを交換
【55歳の買い物感想文】お風呂、シャワーヘッド交換
新しいシャワーヘッドに目地テープを巻く
【55歳の買い物感想文】お風呂、シャワーヘッド交換
取り付けるだけ

これだけの作業。

シャワーの体感はどうか?

3段階のシャワーが可能。

  • 集中水流モード
  • 普通水流モード
  • ヘッド全体水流モード

当然ながら3モード試す。

極端に水圧が増えた体感はなく、モード変換も大きな感動はなかった。
しかし、シャワー体感は変わらないが節水ができているようであればOKとしたいと思う。

ー追伸ー
シャワーヘッドメーカー「U-miss」とあるが、どこで作っているのだろうか。
取説にも怪しい電話番号のみで会社の所在はない。
ネットで調べてみても「U-miss」というメーカーの所在はない。
おそらく怪しい中華製なのだろう。
Amazonは身元のハッキリしない怪しい中華製の商品がたくさん売っている。
このシャワーヘッドは失敗という感じはないので、、、良いけど。
安いからと、、、安易に買うと失敗することもあるので気を付けないといけない。

買い物感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント