【55歳の車感想文】トミカで夢を叶える『カウンタック』

【50代おっさんの車感想文】トミカプレミアムで夢を叶える“カウンタック”買い物感想文

50代半のおっさんたちは、小学生の頃に大ブームになったスーパーカー世代になる。池沢さとしさんの『サーキットの狼』公道レース編がブームの火付け役になり、この頃の男の子たちはスーパーカーに夢中であった。カメラを持ちスーパーカーを見つけに表参道や代官山に行ったこともある。スーパーカーショーもあった。サンスターが主催でチケットが当たるキャンペーンがあったと記憶している。キャンペーンに当選したのかは記憶にないが、スーパーカーショー開催地の晴海へ父親に連れて行ってもらったことを覚えている。

【トミカプレミアム・ミニカー感想文】スーパーカーと言えばカウンタック

トミカではトミカプレミアムとして往年の名車がラインナップされている。子ども向けというより僕のような大人のニーズを見込んで発売していると考える。僕は現在7台所有している。

その中でもスーパーカーの王道はやはりカウンタック。スーパーカーブーム当時、子どもたちにとって特別な車であった。車体の低い直線的なデザインに魅了された。特にガルウィングは未来カーを思わせる。あの頃の子ども心が50代になった今も存在している。大人になってから偶然にカウンタックと出会える機会が数回あったが「おっ、、、カウンタックだ!」と胸が高まった。やはり何歳になってもカウンタックは特別な存在であることは間違いない。

トミカプレミアム『カウンタックLP500S』

これはウォルターウルフだろう。

良いところ
フロントガラス周りのボンネットラインがいい。
カウンタックらしいボンネットが上手に表現されている。

残念なところ
・大型リアウィング
・ブルーのボディカラー

大型リアウィングがLP500Sらしさを表現しているが、質感がいまいち。樹脂の質感がまる出しであまりカッコ良くない。これは残念。しかし、ミニカーだから細部の精度を求めては気の毒だろう。
ブルーのカウンタックはあまりイメージになかった。カウンタックは赤が好き。黒もいい。『サーキットの狼』ではハマの黒ヒョウがブラックのカウンタックLP400。このイメージも強い。

赤のカウンタックはトミカモールオリジナルで発売されているので早めに買っておこうと思う。
そして、ブルーのカウンタックはブラックにペイントするチャレンジを考えている。

買い物感想文エンタメ感想文車感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント