【55歳の日常感想文】プリンターが壊れた。「プリントヘッドの種類が違います、、」

【50代おっさんの日常日記】プリンターが壊れた。パソコン感想文

プリンターが突然壊れた(CANON MG6230)

機械ものは何の前触れもなく突然壊れることがある。

  • テレビはざ~となって映らなくなった。
  • パソコンは電源を入れたらブラック画面に白い文字。ウインドウズ立ち上がらず。

パソコンは仕事用であったので突然の故障に焦りまくった。

今回はプリンターが壊れた。

「プリントヘッドの種類が違います。正しいプリントヘッドを装着してください」

何だかわからない警告文字が出現。

購入時期を調べたら2012年11月、約8年前に買ったもの。壊れても仕方ないのかもしれない。それでも、直せる方法はないかと色々調べチャレンジ。まずはコンセントから電源を外し、しばらく放置。そして、電源をコンセントに入れスイッチオン。ダメ。

次はプリントヘッドを外しヘッドを綺麗にする。

  1. プリントヘッドを外す
  2. ヘッドをぬるま湯で綺麗に洗う。
  3. ヘッドを乾かし、再セットアップ
  4. スイッチ・オ〜〜〜ン!!
【50代おっさんの日常日記】プリンターが壊れた。

ヘッドをぬるま湯に漬け込みしっかり掃除

【50代おっさんの日常日記】プリンターが壊れた。

プリントヘッドをセットアップ

「プリントヘッドの種類が違います。正しいプリントヘッドを装着してください」



本体が壊れたのではなく、ヘッドの交換が必要なのだろう。

プリンター探し

ということで8年使用したプリンターを処分することにした。キャノンプリンター8年間も働いてくれてありがとう!

インクジェットプリンターは使う頻度が少ないんだけど無いと困るので買うことにした。買うと決めるとプリンターが気になって仕方がない。
Amazon、ヨドバシドットコム、ビックカメラ、調べまくる。
今、テレワークでプリンターも品薄らしく、高値らしい。
とはいっても数万の物なので数千円の高騰だろう。
コロナの状況が落ち着くまで、カラープリントだけコンビニで済ませることもできる。しかし、毎回プリントのために出かける煩わしさを感じるよりも、早く買った方がよさそうだ。

ー関連記事ー
プリンター「きみに決めた!」CANON G1310

   

パソコン感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント