【50代おじちゃんの日常感想文】定年後「余生を過ごす」は間違い。

50代からの日常感想文モチベーション感想文

僕の人生に「余生」という言葉はない。

定年をしたら余生を楽しむ人生にする。
余生って、余った命のことなのか、
こんなことはあり得ないだろう。

勤めている時はちやほやされたが定年後は全く気にされなくなった。
会社員時代の役職は定年後なんの役にも立たないということをよく聞く。

「私は●●会社で、●●職で、こんなことをやっていた」

これでは寂しすぎる

ウォルト・ディズニーは、
「夢をみることができれば、それは実現できる」
といっている。

いくつになっても、夢をもってそれを実現に向かう人生をおくりたい。
幸せな人生の形はいろいろあるが、このような人生をおくりたい。

自宅河原朝日
モチベーション感想文日常感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント