【55歳の読書感想文】佐藤伝)50代から強く生きる法

【50代おじちゃんの読書感想文】自己啓発読書感想文

著者:佐藤伝氏
発行日:2017年8月29日
発行所:三笠書房
読書期間:忘れた。

「50代」に関わる本を、アマゾンで検索すると1000件程ヒットする。
人生への指針、健康、料理、投資が多いが、その中でも「50代、どう生きるか」人生への指針となる本が多く見つかる。
仕事も定年に近づき、子育ても終わり、第二の人生の起点と言える50代。人生について考えることも多いのだろう。
「50代から強く生きる法」その中の一冊となる。

「50代から強く生きる法」感想文

「50代から強く生きる法」一言感想文

文章も難しくなく、気軽に一気に読める本。
「50代からは今までの思考を変える」これが強く書かれている。思考を変えることで人生を変える。別タイトルを僕なりに考えると「リラックスして人生をおくる法」となる。

「50代から強く生きる法」僕の赤色マーカー

「必死」ではなく「本気」

50代からは必死さではなく、経験を活かしリラックスして本気に取り組む。
確かに、若い頃の「必死さ」は輝かしい気はするが、定年近いおじさんの「必死さ」美しくない。余裕のある「本気度」これがいいのかもしれない。

「未来に期待をするはだめ」

これは今がダメということの裏返し。いつ何時もダメ、ダメとなる。
”今頑張れば、いい人生が待っている。”「こんな思考を捨てろ!」ということだろう。今が犠牲感でいっぱいの人は、いつになっても良い未来はやってこない。大変なことでも楽しむ思考でやる。大変と思えば大変となる。しかし、楽しさを見つければそれも良しとなる。それが未来にも続く。
 
これは僕も耳が痛い。今がダメと思っていないが「今頑張れば、きっとよくなる」こんな気持ちが僕の人生の中にあった。それは、今がダメということ一緒なのかもしれない。

「自分のためは捨てる」

「誰かのために」行うことでモチベーションが上がる。
その通り!これは僕も一緒。まずは仕事に取り組む上での基本だよね。仕事だけでなくあらゆることでこれが言える。自分のためにやってもモチベーションはあがらない。

ここで僕がひとつ付け加えることは「見返りを期待しない」これはモチベーションを維持する上で非常に大事と考えている。「これだけやったんだから、、、、」「いい返事をもらえるかも」こんなことを気にしながらやるとストレスになる。子どもへの無償の愛と一緒かもしれない。

まとめ

50年のも時間と経験をこれからの人生に活かす。
どう活かすかは自分次第。そして、50年生きてきて、うまくいかない人生であると思っているのであれば、今までの自分の思考を180度転換するといいのだろう。「50にもなって今さら性格・思考は変わらない」と堅物になるのでなく、変える・変わる勇気を持つことが必要だろう。

人生100年の現代では、50代は第二の人生の起点。これから60代、70代となっていくわけだけど、50年の経験が活かせる第二の人生としたい。
この本を読んで自分の思考について改めて考える機会となった。

読書感想文
シェアする
のしろいくろー
この記事を書いた人

1965年東京都生まれ、現在東京都在住。
若い時の自分、今の自分では感じ方も変わっている。しかし、容姿は変わり、年を重ねている実感はあるが、人生への情熱はまだまだ衰えることはないと思っている。そんな自分へのこれからの人生の記録としてこのサイトを開設した。

いくろーをフォローする
50歳から始める人生感想文ノート

コメント